家賃保証を利用する場合に理解しておきたい相場や基礎知識がわかります

初回費用はどのようになるか

住宅模型

賃貸住宅を借りたいけども、保証人がいない場合には普通は借りることができません。ですが、賃貸物件によっては家賃保証をつける形で借りることができることもあります。このとき、初回にどれぐらいのお金を払ったら良いかは物件によって異なるでしょう。明確な決まりは無いものの、おおよそ家賃の1ヵ月分がその半分位になることが多いです。つまり、家賃が毎月70,000円だとすれば、初回に支払う費用の相場は30,000円から70,000円位です。

更新するときにかかる費用の相場

住宅模型_

家賃保証会社にお願いするときには、初回費用がかかりますが、それだけでは足りないことがあります。賃貸住宅は、1年ないしは2年おきに更新をしていきます。更新をするときには、基本的に更新費用を支払う必要があります。これは、賃貸物件の大家さんにだけ支払うのではなく保証会社を利用している場合には保証会社に支払うのが基本といえます。このときの相場は、家賃の半分位になることが多いでしょう。実際には保証会社によって大きな違いがあります。

どのような場合利用できるか

住宅模型

家賃保証会社は、必ずどの物件でも利用できるとは限りません。利用できる物件は決まっておりそれ以外は保証人がいないと利用できないと考えておきましょう。保証会社が利用できる場合には、保証会社と賃貸物件のオーナーの取り決めで決まりますので、実際に不動産会社に行ってそれぞれの物件で保証会社を利用することができるかを見ておく必要があります。なお、連帯保証人がいる場合でも保証会社を利用しなければならないこともありますので注意しましょう。

どこまで保証されるのか

住宅模型

賃貸物件を利用して家賃保証会社と契約をする場合には、基本的にどの範囲まで保障されるかを理解しておく必要があります。まず、大抵の保証会社は賃料を保証してくれるでしょう。例えば、家賃を支払わなかった場合、代わりに契約している保証会社の方が支払ってくれる仕組みになります。この場合、本来大家さんが借主に賃料を請求するわけですが、代わりに保証会社の方で弁済したことになっているため代位弁済と言う形になります。この場合には、後になって保証会社から借主に請求がありますので支払わなければいけません。家賃よりも上乗せして支払わなければいけない可能性があるため、注意をしましょう。契約によっては、原状回復費用なども保証してくれることがあります。原状回復費用とは、物件を退去するときに一度部屋の中をきれいにしますがこの時に支払うようになります。この保証の範囲によって、契約の段階で支払う金額が異なるでしょう。

広告募集中